加藤麻衣

加藤麻衣 加藤麻衣

Self-introduction

わたしのこと
加藤麻衣 加藤麻衣

ごあいさつ

盛岡市議会議員のかとうまいです。私は死ぬまでに【生き甲斐のある世界を創る】ことを目指しています。全ての存在が「生きていてよかった」と言うために、Bucket List×政治という手段をデザイン中。夢の完了に伴走する政治で、生き甲斐のある世界創りに貢献できたら大変嬉しいです。このサイトを通じて、その過程をお伝えします。ご覧いただいた皆さんに、触発や閃きが生まれますように。

プロフィール

出身
岩手県盛岡市
生年月日
1994年8月7日
世代
ゆとり&ミレニアル
好きな色
自由の女神像の色
好きな場所
New York
好きな言葉
解き放つ

My question

わたしのギモン
加藤麻衣

生きづらさを生む社会構造

My dream

わたしのユメ
加藤麻衣

生き甲斐のある世界を創る

あなたが死ぬまでにしたいことは?

Bucket List Project

加藤麻衣

全ての存在が、
「生きていてよかった」と思えるように。

Bucket Listとは、死ぬまでにしたいことをリスト化したもの。私が目指す【生き甲斐のある世界を創る】ために、Bucket Listと政治を掛け合わせた「Bucket List Project」をデザインしました。このプロジェクトでは、かとうまいと死ぬまでにしたいことを語り、人生の足枷を解く鍵を創ります。全ての存在が「生きていてよかった」と言う世界には、このプロジェクトが必要と信じています。

About policy

セイサクのこと

加藤麻衣
わたしのセイサク

全ての存在の可能性を解き放つ

3つの政策

1つ目は、生き甲斐向上政策。

生きることの促進要因を増やすため、市民それぞれの生き甲斐を受け取り、それらを向上させます。また、生き甲斐は「働き甲斐」とも言えるため、労働政策の改善にも取り組みます。

2つ目は、足枷解放政策。

生きることの阻害要因を減らすため、市民それぞれの足枷を明らかにし、それらを解きます。特にジェンダーやSOGIE※分野の足枷解放に貢献します。

3つ目は、パラダイムシフト政策。

パートナーシップ制度の導入により、社会にパラダイムシフトを起こします。生きづらさを生む社会構造を、全ての存在が「生きていてよかった」と言えるように再創作します。
以上3つの政策を軸とし、Bucket List×政治で生き甲斐のある世界を創ることを目指します。それが私の「生き甲斐」です。

※SOGIE:性的指向・性自認・性表現のこと

活動のきろく